池田市をちょっと散歩 ~伊居太神社~


当日、最後に訪れた神社はこちら。伊居太神社。この階段が結構キツかった(^^;

resize1071_2017080723112811a.jpg
呉の国から渡来し、日本に機織技術を伝えたとされる、織姫・穴織媛(あやはとりのひめ)と、応神天皇、仁徳天皇を祀っている。正式名称は穴織宮伊居太神社 ~Wikipediaより~

resize1072_20170807231129848.jpg
地元では「いこた」神社と呼ばれる事があるそうで、呉服媛が祀られている池田駅側にある呉服神社が「下の宮」とされるのに対し、五月山山麓にある伊居太神社は「上の宮」とのこと ~Wikipediaより~

本殿へと続く参道。緩やかな坂道になっておる参道は木々に覆われており、段々と本殿に近づくに連れ厳粛な雰囲気が漂ってきます。

resize1073_20170807231131e95.jpg
池田市内で最古の神社。

resize1074.jpg
参道途中に鎮座されているお稲荷さん

resize1075.jpg
途中、倒木を発見。しかしその木から伸びている枝にはまだ青葉が。ちょっと印象的でした。

resize1076.jpg
なんとも歴史を感じさせる雰囲気。箕面市小野原の春日神社や茨木市豊川の春日神社を彷彿とさせます。

resize1077.jpg
社務所横の立派な木

resize1078.jpg
猪名津彦社。穴織媛を呉の国から連れて帰って来たのがこの猪名津彦命だそうで。

resize1079.jpg
猪名津彦社の由緒書き

resize1080.jpg
これはお稲荷さん横の木だったかな

resize1081.jpg
本殿へと続く大門に到着。この頃には汗だく...自分の周りには蚊が...(^^;

resize1083.jpg
本殿に入ってすぐ左の御神木。

resize1084.jpg
拝殿

resize1085.jpg
源頼光が植えたという「頼光松」、御神木ですね。今もまだたいそう立派な幹が残っておりますが、伐採される前はもっと立派な姿を見せていたのでしょうね。よく神社を訪問すると、このようにバッサリと切られた御神木をお見掛けしますが、何故なのでしょうか...

resize1086.jpg
本殿

resize1087.jpg
本殿向かって右に見える三社。いや四社だったかな...松尾社、住吉社、国常立社、伊勢社。伊勢社の画像を撮り忘れたかな。

resize1088.jpg
もう一度拝殿

resize1089.jpg
先の三社&燈籠

resize1090.jpg
厳島社

resize1091.jpg
神輿庫

resize1092.jpg
さすがに12時前、そろそろお昼時という事もあってか、参拝者は自分のみ。ゆっくり、じっくり参拝させて頂きました。

resize1093.jpg
帰り道は下り坂。楽ちん♪

resize1094.jpg
そして階段。

resize1095.jpg
階段側面あたりの風景。

いや~、かなり好みな雰囲気の神社でございました。池田市、まだまだ探索できそうな場所がたくさんありますね!今回は市街には行っておりませんが、ちょっと駅周辺も散策してみたいですね。ついでに川西市もすぐ近く多田神社付近や九頭竜伝承絡みの神社もおとずれてみたいです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント